仕事における男女の気質

どんな仕事でも男女の気質ってのはかなり重要な位置を占めます。知識や技術だけでは越えられない壁ってのは確実に存在します
よね。ましてやそれが特殊な仕事であればあるほど、気質ってのはかなり重要になってきます。
個人的には男性の仕事だといわゆる職人さん、女性の仕事だと看護師でしょうか。

職人さんはもういわずもがなですよね。それこそミクロン単位だったり、コンマ何秒のタイミングだったり。それこそ経験が、それも
膨大な量の経験に裏打ちされないと到達できない領域ですよね。地道に努力して職人技をものにする、というのはやはり「向上心」が強い男性気質を多めに
持っている人が向いているのではないかと思います。看護師なんかもそうです。人のお世話をするのは、「誰かを守りたい」といった母性本能が強い女性気質を
持った人に最適だと感じます。
しかし、近年では男性看護師という職業が注目されており、看護業務に携わる男性が増えてきているそうです。
詳細【男性看護師の現状調査
はじめは今はやりの草食化現象が関係しているのか?などと感じましたが、実際は職業における男女差別が緩和されてきたことが最もな要因のようでした。人を抱えたり運んだりと、力仕事が多い看護師の仕事は意外と
男性の方が向いている部分がたくさんあるのがもしれません。これからは男女関係なくいろんな職業に就ける時代にシフトしていきそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です