男女で違う仕事のスタイル

男性の仕事に対するスタイルは、「何かのために働く」ということだと思うのです。まずは学生時代を考えてみましょう。高校生くらいになると、アルバイトをやりだしますよね。そのころは、住むところもあって学校にも行けて特に生活に不自由を感じるところはないのではないかと思います。しかし、この頃から皆アルバイトというものをやりだすようになるのです。社会への第一歩ですね。そういう男性の口癖は、「遊ぶためにアルバイトをしている。」と言います。この言葉、よく耳にしませんでしたか?
大人になると社会に出て年頃になると結婚をして子供が生まれたりするため「家族のために働いている」と言うようになるのです。面白いですよね。一方、女性の仕事に対するスタイルはというと「自分が好きなことを続けている」という傾向があるように思います。よく、テレビ等で女性にインタビューをしているのを見たことはありませんか?特に、女性社長さんのインタビューを見ているとそのように感じます。「起業をしたときは名前も知られていないため売り上げもほとんどないに等しい状態だったけれど、好きなことだからここまで続けて来られた」ということを言っている方が多いです。
男女ともに同じ社会にいるのにこんなに仕事に対する考え方が違うなんて不思議ですね。ですが、このように違いがあるからこそこの世界は上手に周っているのかもしれません。近頃は世間全体で「男性の仕事」「女性の仕事」と分けるようなことはしなくなりましたが、仕事というものに「男性向き」・「女性向き」という向き不向きは存在すると思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です